人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ろくべえまってろよ

ろくべえが、あなに おちているのを、
さいしょに みつけたのは、えいじくんです。
「まぬけ。」
と、かんちゃんが いいました。
いぬのくせに、あなに おちるなんて、
じっさい、まぬけです。
あなは、ふかくて、まっくらです。
なきごえで、ろくべえ という ことは、
わかりますが、すがたは、みえません。


穴に落ちてしまった犬のろくべえを子供たちは
何とか助けようとします。
家から、かいちゅうでんとうを持ってきて照らしながら、
声をかけたり、好きだったシャボン玉を吹いてあげたり。
しかし、はじめは子どもたちの声に反応していたろくべえも、
ちらっと目を向けるだけで反応しなくなっていきます。
脱出することをあきらめてしまったのでしょうか?
表情も淋しそうです。
心配した子どもたちは、
なんとかろくべいを助けたくて苦肉の策を考えだします。
それが何ともほほえましいアイディアでした。

長さんの絵が可愛いくて、おもわず手にとってしまった一冊。
「まぬけ」と言ったかんちゃん、口は悪いけど愛情を感じます。
ろくべえを何とかして助けたい必死さが伝わってきて、
心があったかくなるお話でした。

b0085080_23291731.jpg


◇ 作: 灰谷 健次郎
◇ 絵: 長 新太
◇ 出版: 文研出版
by hanayuki_rei | 2008-09-16 23:35 | 児童書・絵本 | Comments(3)

がちょうのたんじょうび

ある おひゃくしょうやの うらにわに
あひるや、がちょうや、もるもっとや、うさぎや、いたちなどが
すんで おりました。
さて、ある ひの こと がちょうの たんじょうびと いうので、
みんなは がちょうの ところへ ごちそうに まねかれて いきました。
これで、いたちさえ よんで くれば、みんな おきゃくが そろう わけですが、
さて、いたちは どう しましょう。


いたちを呼びたいけど、みんなが悩んでいた理由は、
いたちのおならです。
いたちはおならをしない約束で、がちょうの誕生日にまねかれますが…

ユーモアたっぷりの可愛いらしいお話です。
黒井さんの絵も、動物たちが愛嬌たっぷりに描かれています。
いたちが、ちょっと気の毒のような気もしますが、
思わず笑ってしまいます。

このお話は「いたちの最後っ屁」として、
古くから伝承や説話のなかで語られていたものを
新美さんが、童話のテーマに据えたものでした。
愛知高等女学校で英語の先生をしていたとき
担任をしていた女生徒たちに上演させるために、
「ガア子の卒業祝賀会」という戯曲にも書き上げられました。
(あとがきより)
このことより、新美さんのこの作品に対する思い入れが
伺い知れるようです。

b0085080_2331969.jpg


◇ 作: 新美 南吉
◇ 絵: 黒井 健
◇ 出版: にっけん教育出版社
by hanayuki_rei | 2008-09-14 23:33 | 児童書・絵本 | Comments(2)


イラストと絵本のブログです


by hanayukirei

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

記事ランキング

最新の記事

うさぎのマシュマロ
at 2019-08-23 10:27
おやすみ
at 2019-06-06 12:52
久しぶりに
at 2019-04-07 11:54

画像一覧

カテゴリ

全体
児童書・絵本
イラスト
月のうさぎ
うさぎ生活
旅行
その他
未分類

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 06月
2019年 04月
2014年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 05月
more...

ブログジャンル

本・読書
絵日記・イラスト

最新のトラックバック

藤沢周平作品
from Photologue +

ファン