イソポカムイ

ホーリ、ホーリ
わたしははしった、はしった。
ホーリ、ホーリ
わたしはとんだ、とんだ。
山や野原をとびこえて、川や林を
気のむくままにはねながら、
うさぎの神さまであるわしは、くる年もくる年も、
たのしくくらしておった。
春には、やわらかい木の芽、草の芽、
秋には、うれた木の実、草の実を、口いっぱいにほおばった。
だが、それはもう、ずいぶんむかしのことだ。
ちかごろは、なにをするにも、どっこらしょ、よっこいしょ、と、
かけごえをかえるようになってしまった。


たいそう年老いたうさぎはある日急に出かけてみたくなり
気の向くままに走って行った。
行く先々で遠目に見る物は近寄ってみると全て錯覚していた。
そこでうさぎは家へ帰る事にした。
ようやく家の近くにつくと今度は家が火事になっていた。
うさぎは息もたえだえに家にたどり着くと
それも錯覚だったのでした。

北海道東部では、一般にウサギのことを「イソポ」と呼ぶのですが、
「獲物の(中でも)ちいちゃいの」という意味です。
ウサギは身近でとても大切な動物で、
その身体は全て余す所なく使われていました。
しかし、人間が感謝の心で対応しないと
人の命を奪う恐ろしい神様に変身してしまうのです。
そこで、敬意をこめてイソポカムイ(ウサギの神様)と言われたそうです。
この物語の主人公は目を患った老ウサギでした。 <本書より>

行く先々で見るものすべて錯覚してしまうという老ウサギ。
年をとったらむりをしないようにというお話のようです。
とても面白いお話でした。

b0085080_23623100.jpg

文: 藤村 久和
絵: 手島 圭三郎
出版: 絵本塾出版
[PR]
by hanayuki_rei | 2010-11-24 23:52 | 児童書・絵本


うさぎと絵本のブログです。愛うさぎの雪のこと、読んだ絵本のこと、日々のことなど思いのまま綴ってます。楽しく読んでもらえたらいいな。


by hanayuki_rei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

リンク

カテゴリ

全体
児童書・絵本
おともだちうさちゃん
うさぎ生活
NaNaちゃん
リュック
月のうさぎ
SORA
デッサン
イラスト
旅行
散歩
reiコラム
ごあいさつ
未分類

検索

ライフログ

小説・エッセイ
長い旅の途上 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

カモメに飛ぶことを教えた猫

絵本
12の贈り物―世界でたったひとりの大切なあなたへ

くまとやまねこ

きみのこと好きだよ 復刻版

映画・音楽
オペラ座の怪人 通常版

最新のトラックバック

藤沢周平作品
from Photologue +

以前の記事

2012年 01月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
本・読書

画像一覧