もりのひなまつり

ちいさな もりの ちかくに いっけんの いえが ありました。
そのいえの くらには ねずみばあさんが すんでいました。
はるも ちかい あるひの あさ、 ねずみばあさんが つくろいものをしていると、
「ゆうびんです」 と やまばとゆうびんやさんが てがみを もってきました。
てがみは もりの のねずみこどもかいからで、 こう かいてありました。

b0085080_2253073.jpg
森の広場には、たくさんの野ねずみや他の動物たちが集まってきて、
森のひな祭り会が始まりました。
美味しい甘酒に、歌や踊りで、みんなは大いに盛りあがり楽しんで、
辺りが薄暗くなってきたころ、ひな祭り会は終わりました。
おひな様は、家のご主人様に見つかる前に箱に戻ってなくてはなりませんから、
ねずみばあさんとおひな様たちは、いそいで家に帰りました。
しかし、家についてびっくりです。
おひな様たちの着物は破れ、顔や手もすっかり汚れてしまっていたのでした。
このままでは、捨てられてしまうかもしれないと泣きだします。

もうすぐ桃の節句です。
めずらしく雛人形たちが主人公の絵本を見つけたので紹介したいと思います。
子どものころ、綺麗な着物をきた雛人形は憧れでした。
その憧れの気持ちがうまく表現されていると思います。
ねずみたちと雛人形の交流が、うっとり楽しい気持ちにしてくれます。
ねずみの子どもたちが手紙に書いた「いっしょうのおねがい」という言葉。
私も、小学生くらいのころは、
「一生のお願いだから、〇〇して!」
などと、よく言っていたような気がします。
この言葉、すごく懐かしくて、思わず笑ってしまいました。
それはそうと、
おひな様たちは、その後どうなってしまったのでしょうかね。

b0085080_227239.jpg

◇ 作・絵: こいで やすこ
◇ 出版: 福音館書店
[PR]
by hanayuki_rei | 2009-02-18 22:17 | 児童書・絵本


うさぎと絵本のブログです。愛うさぎの雪のこと、読んだ絵本のこと、日々のことなど思いのまま綴ってます。楽しく読んでもらえたらいいな。


by hanayuki_rei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

リンク

カテゴリ

全体
児童書・絵本
おともだちうさちゃん
うさぎ生活
NaNaちゃん
リュック
月のうさぎ
SORA
デッサン
イラスト
旅行
散歩
reiコラム
ごあいさつ
未分類

検索

ライフログ

小説・エッセイ
長い旅の途上 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

カモメに飛ぶことを教えた猫

絵本
12の贈り物―世界でたったひとりの大切なあなたへ

くまとやまねこ

きみのこと好きだよ 復刻版

映画・音楽
オペラ座の怪人 通常版

最新のトラックバック

藤沢周平作品
from Photologue +

以前の記事

2012年 01月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
本・読書

画像一覧